【おたすけ便での輸入事例】広州→東京への電池式ランプの輸入

ライト

輸送方法:広州近郊の工場よりトラックにて深圳港に搬入。深圳港にて輸出通関後、コンテナ混載貨物として船積。

入港日:2014年12月上旬

区間:蛇口港→東京港

商品:電池式ランプ

個数:20カートン

貿易条件:FOB

税番:9405.20-000

関税率:Free

ライト
*写真はイメージです*

輸入通関時、税関よりX線検査の指示を受け、商品をカートンのままX線検査機に通し、問題が無かったので輸入許可。
輸入許可後、混載便にて埼玉県向けに翌日ご納品。

今までの輸入は国際宅配便でしたが、輸入量の増加に伴いコストダウンのご相談を頂戴致しました。
ご納期をお伺いすると海上輸送でも問題無かったので安価な方法でご提案させて頂きました。

広州からの輸入やコストダウンのご相談はこちらへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA