【おたすけ便での輸入事例】深圳→東京への仏具の輸入

仏具

輸送方法:広州郊外の工場よりトラックで深圳港に搬入。深圳港にて輸出通関後、コンテナ混載貨物として船積。

入港日:2014年11月中旬

区間:深圳港→東京港

商品:金属製仏具

個数:6カートン

貿易条件:FOB

税番:8306.10.000

関税率:Free

仏具
*写真はイメージです*

輸入通関時、税関よりX線検査と改品検査の指示があり、先ずカートンのままX線検査機を通し検査確認後、輸入商品と輸入書類が合致しているか実際にカートンを開け目視で検査確認し、双方とも問題が無かった為輸入許可となる。
輸入許可後、トラック混載便にて千葉県向けに翌日ご納品。

深圳から輸入の事ならここへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA